ビットコインで稼ぐ!

仮想通貨,暗号通貨で稼ぐ

ネムとは|特徴、将来性、購入方法など

f:id:zyuzyude:20180308233710p:plain

ネムって何?

ネムはビットコインと同じブロックチェーン技術を利用した仮想通貨です。

通貨の単位はXEM(ゼム)

イーサリアムの「スマートコントラクト」が実装可能、独自のトークンが発行できるなど、応用範囲が広い仮想通貨です。

 

ネムとビットコインの違い

ネムの大きな特徴としてビットコインと違い新規発行されません。

最初からすべて発行されています。

 

これはビットコインやイーサリアムとは違う考え方から来ています。

 

次からビットコイン、イーサリアム、ネムの仕組みの違いを見てみましょう。

 

マイニング(新規発行)の違い

ビットコインのPOW(プルーフ・オブ・ワーク)

  • 演算能力の高いコンピューターをたくさん使うほど報酬としてビットコインを手に入れやすい。

イーサリアムのPOS(プルーフ・オブ・ステーク)

  • イーサ(ETH)の保有量が多いほど報酬を受け取りやすい。

というアルゴリズムでビットコインとイーサリアムは仮想通貨を新規発行しています。

 

ビットコインは大量のコンピューターを働かせる人が有利

イーサリアムは最初にイーサリアムをたくさん持った人が圧倒的に有利です。

どちらもお金持ちが有利。

そしてマイニングには大量の電気代がかかるため、エコではありません。

 

この富の独占、環境にやさしくない仕組みの問題点を解消しようとしたのがネムです。

 

ネムはPOI (プルーフ・オブ・インポータンス)

  • ネム(XEM)をたくさん持っていて、かつ取引の頻度が高い人が報酬を受け取りやすい。

ネムはただ仮想通貨を持っているだけでは報酬を得ることができません。

取引に頻繁に参加し、取引を承認することで、報酬を得ることができます。

この報酬は取引に参加したときに送金手数料などから抽選で支払われます。

 

これはハーべスティングと呼ばれていて、ビットコインのマイニングに当たります。

 

なるべく公平に富を分割する、というのがネムの思想であり大きな特徴になります。

 開発の容易さ

ネムはデベロッパーとしての最低限のスキルさえあれば扱うことができます。

新しい開発言語を学んだり、スマートコントラクトを書く必要はありません。

これは開発者にとって大きなメリットです。

イーサリアムとネムを例えるなら、イーサリアムは砂場で砂の城を作る必要がありますが、ネムはレゴブロックを組み合わせて城を作れるといったところでしょうか。

1から作る自由度はイーサリアムに及ばないものの、あらかじめパーツを用意することでセキュアな環境を容易に組み立てることができます。

 

 コインチェックのネム盗難事件

2018年1月26日にコインチェック取引所でハッカーによって580億円相当のネムが盗難される事件が起きました。

事件後、ハッカーが資金を洗浄しネムを販売している取引所へ送金して売ったため、価格が暴落しました。

これはネム自体に脆弱性や問題があったのではなく、コインチェックの管理体制に問題があったため問題になっています。

誤解されることも多いですが、ビットコインやネムに使われているブロックチェーン技術は極めて改ざん、ハッキングに強い仕組みです。

ネムにとっては手痛い風評被害となっています。

 

ネムの将来性

ネムのプルーフ・オブ・インポータンスという仕組みはブロックチェーンにおける問題点を解消する方法として注目されています。

同じプラットフォーム系通貨であるイーサリアムと比較すると後発なため、企業、自治体の提携面などでかなり先を行かれてしまっていますが、ネムはスマートコントラクトが実装できる、独自トークンの発行ができる、エコである、簡単に扱えるといった強みがあります。

実際に企業、機関でネムが採用されることがあれば、需要の増加と共に価値は上昇していくでしょう。

 

ネムの購入方法

ネム(XEM)はザイフで購入することができます。