ビットコインで稼ぐ!

仮想通貨,暗号通貨で稼ぐ

【短期間で100倍になった通貨が出現】仮想通貨で稼ぐならバイナンス(BINANCE)がオススメな理由

 

バイナンス取引所

日本ではビットフライヤー、ザイフ、コインチェックなどのビットコイン取引所がありますが、世界で最も人気がある取引所は「バイナンス」です。

バイナンス」取引所は2017年の後半から世界中のユーザーが使っていました。

セキュリティ対策に力を入れており、非常に使いやすい取引所です。

 

 

世界最大の仮想通貨取引所

binance-top

バイナンスは直感的に使いやすいUI、激安な取引手数料、多国言語対応、取引所独自の通貨【BNBコイン】を発行するなどわずか半年で仮想通貨取引のトップシェアを獲得しました。

ビットコインだけでなく、イーサリアムリップル その他通貨が、日本より遥かに取引手数料が安いため管理人も愛用しています。

 

取引手数料の詳細

※例えばビットフライヤーの場合、アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)は1回の取引で5%~10%も手数料を取られる。バイナンスは0.05%~0.1%で取引できる。

 

仮想通貨「リスク」を10万円分買った場合

ビットフライヤーの場合

5000円~1万円

バイナンスの場合

50円~100円

1回の取引手数料だけでこれだけ違う。

バイナンスがいかに有利かわかると思う。

国内の一部の通貨は取引所だけが儲かるボッタクリ価格と言わざるを得ない。

 

アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)が数十種類以上。

バイナンス取扱い通貨

バイナンスの魅力は何といっても取扱いコインの量です。

100種類以上のコインを取り扱っています。

日本では1つの取引所で買えるコインは多くても1~10種類程度しかありません。

数が多いということは、それだけ値上がりチャンスが出てくるのでかなり大きな差です。 

しかも毎週、新規通貨を上場させているので数は増え続けています。

 

爆上げしまくった通貨が続出、10倍から100倍になった通貨も

ここがメインで語りたいところ。

正直やばかったです。

1か月で10倍だとか最大100倍になる通貨が出現しました。

 

特におかしかったのは2017年の12月から1か月で値上がりしたトロン(TRX)ヴァージ(XVG)でしょうか。

 

参考に2017年12月のチャートを見てみましょう。

 

トロン(TRX)

トロンチャート

トロン(TRX)は17から2047まで上昇

トロン(TRX)は2017年12月1日頃から価格上昇をはじめ、2018年1月2日ごろにはビットコイン建てで120倍以上まで上昇しました。

ほぼ1カ月の出来事です。

 

ヴァージ(XVG)

f:id:zyuzyude:20180302194553p:plain

ヴァージ(XVG)は45から2000まで上昇。

ヴァージ(XVG)は2017年12月10日から上昇し、12月25日には44倍まで上昇しました。

たった2週間の出来事でした。

ちょっと意味がわからないくらい高騰していました。

どちらも2週間~1か月で起こったことです。

 

これはバブル最盛期だったので、今となっては極端な例ですが、2018年 3月~5月でもONT(オントロジー)などは上場後、最大で7倍近く上昇しました。

ビットコインが下げトレンドでも上げてくる通貨はあります。

 

参考

www.xn--z8j2bwk6b2d4a5e0nk441d.com

 

 

これらの通貨は、日本のビットコイン取引所からビットコインを買って、バイナンスへビットコインを送金し、ビットコイン建てで買うことができます。

 

日本取引所「Zaif」から「バイナンス」へビットコインを送る方法 

 

バイナンスのデメリット

海外取引所なのでサポートが英語と少々ハードルが高いです。

また、海外の取引所なので、消費者の保護といった面ではあまり期待できません。

そのため日本の法整備の進展によって影響を受ける可能性があります。

このようなリスクは注意すべき点だと言えます。

 

まとめ

このようにバイナンスはかなり面白い取引所です。

 ハイリスクハイリターンですが中には爆発的に上げてくる通貨があるので、小さい金額を入れてみると面白いと思います。

 

 

Binanceアカウント開設

 

 

→NEXT

バイナンス 取引所の登録方法と使い方、ビットコイン 送金方法について