ビットコインで稼ぐ!

仮想通貨,暗号通貨,暗号資産で稼ぐ

2019年 取引手数料で選ぶビットコイン取引所

取引手数料が安い取引所はどこかという話

 

ビットコインが再び100万円を超えてからにわかに活気づいてきたので、これからの方向けのビットコインを買う場所を書いておきます。

 

ビットコインは取引所で買える

ビットコインは取引所という場所で買えます。これは株などと同じでインターネット上にあります。

 

かかる費用

口座開設、口座維持費用は無料です。

なので必要なのはビットコイン購入代金と取引する際の取引手数料だけになります。

 

販売所に注意

ビットコイン取引所は

取引所形式(利用者同士が値段を決めて売買する)と

販売所形式(ビットコイン取引所が値段を決めて売買する)

の2種類の売買する場所があります。

f:id:zyuzyude:20190704120219p:plain

販売所は取引手数料は確かに無料ですがスプレッド(買う時と売る時に大きな価格差があること)が激しく、取引手数料より重い金額が売買のたび取られます。

 

 

それでは2019年の日本でおすすめの取引所を紹介します。

とりあえず有名な3社で。

気が向いたら追加していきます。

 

bitbank(ビットバンク)

bitbank

取引所でビットコイン含むすべての通貨が買う時0.12%売る時は-0.02%

売る時は逆に取引手数料がもらえる唯一の取引所。

おすすめ。

 

大手の販売所はアルトコイン(ビットコイン以外のコインのこと)スプレッドがひどすぎるのでアルトコインも取引所形式で買えて良心的なbitbankはかなりユーザー数が増えています。(ビットコインだと国内3番手くらい、モナコインなんかは世界一の取引量)

 

大手が販売所のスプレッドどうにかしない限りビットバンクはユーザー増え続けるんじゃないかな…というのが2019年7月の正直な感想です。

 

コインチェック

パソコンでトレードビューから操作し、取引する場合のみビットコインだけは取引手数料が無料

それ以外(スマホアプリ・パソコン)からは販売所のみ。

「スプレッド」0.5%~価格変動時10%以上取られることもある。

日本では最大手。

ほとんどの方がスマホアプリだと思うので、スマホアプリだと販売所形式でしか買えないコインチェックはスプレッドがひどすぎて手数料負けするので選択に入らないと思います。

 

ビットフライヤー

ビットコインは取引所から売買するとき、取引手数料0.15%

販売所はコインチェックと同様かそれよりひどいスプレッドです。

ユーザー数は日本でかなり多いほう

一応ビットコインはスマホアプリに取引所があるので買えます。

ビットコイン以外のコインは販売所しかないので、コインチェックと同様かそれ以上にスプレッドがひどいです。

例えばモナコインを買おうと思ったら売買のたびに5%~10%近く取られることが多いです。(価格変動時はさらに取られたりする)

そのためビットバンクに手数料、サービスが劣ります。

 

まとめ

日本のビットコイン取引所はビットコインはともかく、他の通貨がボッタクリすぎて使えません。

なので相対的にビットバンクがまともなので、ビットコイン以外も買いたいと思ったら

 

bitbank(ビットバンク)が一番手数料面で良いです。

 

(例えばビットフライヤーでビットコインを取引所で買って売ると0.3%取られるのに対し、bitbankで買って売ると0.1%で済みます。取引手数料に3倍も差があるので誰が見てもビットバンクのほうが有利。)

 

また、ビットコイン以外が上がるときに捉えられるかどうか、手数料負けしにくいかどうかも非常に重要だと思います。

 

(例えば今年モナコインは底値から10倍になったりしましたが、価格高騰時にコインチェックやビットフライヤーは販売所形式だったため、品切れで売買不可になったり、20%近い極悪スプレッドが瞬間的に発生しました。怖すぎる。)

それに対してビットバンクのモナコインは当時は買う時0.15%、売る時-0.05%だったので売買しやすかったです。ユーザー同士で取引しているのでもちろん品切れ、取引所都合の売買不可なんてこともありませんでした。

 

そのためパソコンやスマホアプリから暗号資産を買う場合、取引手数料が安いビットバンクが最適だと言えるでしょう。