ビットコインで稼ぐ!

仮想通貨,暗号通貨で稼ぐ

ビットコイン空売りで稼ぐ方法!どの取引所がおすすめ?【3選】

ビットコインはショート(信用売り)で稼ごう!

f:id:zyuzyude:20170716165557p:plain

ビットコインが暴落する下げ相場は空売りチャンスです。

そもそも空売りって?

信用取引における取引の一つとして「空売り」という取引があります。空売りは、信用取引における特徴的な取引方法の一つとされており、証券会社(証券金融会社)から株を借りて売り、その後買い戻すことでその差額をえるという取引です。株価が下落する局面でも利益を出せる取引として信用取引の大きなメリットの一つです。

引用元 

http://www.margin-trade.com/knowledge/word_karauri.html

 株の例ですがビットコインでも信用取引ができます。

取引所からビットコインを借りて売り、暴落後に買い戻して利益を上げることができます。

仮想通貨はボラティリテイ(値動き)が激しいのでリスクはありますが、うまくいけば大きな利益を得ることができます。

 

では、空売りができて、使いやすい取引所はどこでしょうか?

 

ここではビットコインの空売りができるおすすめの取引所を紹介します。

 

1位 ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインFXの取引量が世界一の取引所です。

 

ビットフライヤーは「bitFlyer Lightning」という専用の取引所があり、ここからビットコインを空売りすることができます。

国内取引所で空売りするなら実質1強と言ってもいいと思います。

ビットコイン価格が大きく上がるときは、この取引所が世界をリードしていることが非常に多いです。

癖はありますが面白い取引所ですね。

レバレッジは最低が1倍~最大15倍です。

 

2位 コインチェック

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン、イーサリアム, イーサリアムクラシック等を借りて信用取引ができます。

最低1倍~最大5倍のレバレッジで信用取引を行うことができます。

ビットフライヤーではビットコインFXの両建て(売りと買いの両方のポジションを同時にもつ事)が出来ません。ポジションは一括で管理されてしまいます。

コインチェックは複数ポジションや両建てを行いたい場合の選択肢になる取引所です。

また空売りした後、底で安いアルトコイン (ビットコイン以外のコイン) を買うと反発が大きく、ビットコインより上げ幅が大きいことがあるので、レバレッジをあまり掛けない方にもオススメです。

 

3位 Zaif

ビットコインとモナコインで信用取引ができます。

※モナコインはショート(信用売り)のみで、レバレッジは利用不可。

レバレッジは、1倍、2.5倍、5倍、7.77倍を選択できます。

 

ビットコイン空売りで使う基本用語

ビットコインFXとは?

f:id:zyuzyude:20171019211058p:plain

レバレッジ10倍の場合

ビットコインFXは『ビットコイントレード』と呼ばれ、ビットコインを売買することで利益を上げる運用手法の一種です。 もともと「FX」とは「Foreign Exchange」の略で、簡単に言うと2つの通貨間で両替を行い、その差額が利益になる金融商品です。

ビットコインFXの場合、主に日本円ービットコイン間で取引することを指します。 

 

信用取引とビットコインFXの類似点と違い

f:id:zyuzyude:20171020115210p:plain

初心者にとって混乱しやすいのが信用取引とビットコインFXの違いです。

実際かなり似ていて、信用取引=ビットコインFXと考えている方も多いですが、厳密には以下のような類似点と違いがあります。

類似点

  • 少ない資金でもレバレッジを利用して大きな取引ができる。
  • どちらも金利、スワップポイントといった形で1日ごとに手数料を取られる。

 

違う点

  • レバレッジ倍率はビットコインFXの方が高く設定されている。
  • 借りる相手が違う。
  • 返済期限が異なる。(信用取引は期限あり、FXは無期限 )

 

ロング、ショート(空売り)とは

金融用語でロングポジション(買いポジション)、ショートポジション(売りポジション)と呼ばれます。

ロングは買い。ショート(空売り)は売りを指します。

ロングは「将来的に値上がり (上昇)する」 と判断し、ビットコインを買い、高くなったところで売ることで利益を出す方法です。

ショート (空売り) は「将来的に値下がり (下落)する」と判断してビットコインを売り、安いところで買い戻し、利益を確定する方法です。

 

ポジションとは

 相場にエントリーして、決済をせずに持っている注文のことです。

『ロングポジションを持っている』とは買い注文を決済せず持っている状態を指します。

注文を出さず、エントリーしていないときは『ノーポジション』と言います。

 

 

レバレッジとは?

f:id:zyuzyude:20171019193836p:plain

ビットコイン取引所に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数十倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

レバレッジとは、証拠金にかける『てこ』のようなもので、少ない資金で大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバレッジ〇〇倍といった言い方をします。

レバレッジをかけることで少ない資金で大きな利益を狙うことができます。

例えばレバレッジが 15 倍なら10 万円の預入証拠金で 150 万円分の取引ができます。

 

証拠金

信用取引、ビットコインFXでお金を動かすときに必要なお金のことです。

証拠金を預け入れ、ポジションを持った場合はロックされ、動かせなくなります。

 仮にレバレッジ5倍とし、10万円を証拠金として入金すれば、最大50万円分のビットコインの取引を行えます。

 

 

現物取引と信用取引、ビットコインFXの違いとは?

現物取引

f:id:zyuzyude:20171019195452p:plain

安く買って高く売る、これが現物取引です。

空売りはできないので価格が上がった時のみ利益を出すことができます。

 

信用取引、ビットコインFX

f:id:zyuzyude:20171020041143p:plain

信用取引、ビットコインFXは上げ相場でも下げ相場でも利益が出せます。

現物取引とは違いレバレッジをかけることで、さらに利益率を高めることができるのが、ビットコインFXです。

 

上げ相場ではレバレッジをかけてロングポジションを持つことで、下げ相場ならレバレッジをかけてショートポジション (空売り) を持つことで、かけた数倍~数十倍の利益を得る可能性があります。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で